カンボジアのリゾート「ロン島」所有権が発行された2017年以降の地価の値上がり状況

執筆者:荒木 杏奈 / アンナアドバイザーズ株式会社

カンボジアのロン島は、2017年に初めて所有権(ハードタイトル)が発行されて以来、観光経済とともに成長しています。ロイヤル・グループが投資し、5つ星ホテルなどの高級リゾートを開発しました。

2019年に政府の指定都市となり、ハードタイトルの発行により、投資家に特定のタイトルを提供し土地価格が高騰しました。
2023年現在もロン島の価格は安定しており、海辺の土地は1mあたり300~1,000ドルで取引されています。

インフラ開発も進んでおり、不動産市場と観光産業が成長しています。ロン島には外国人投資家も多く参入していて、道路・空港の整備によってさらに促進される見込みです。

ロン島の土地需要に変化なし

2017年7月にロン島で所有権(ハードタイトル)の発行が初めて発表されて以来、カンボジアで2番目に大きな島の地価は観光経済と同様に繁栄しています。
ロン島は、シアヌークビル本土の沖合25kmに位置する78平方kmの島です。約4,000人の村人からなる4つの村落コミュニティがあるこの島は、国内外からの観光客にとって、この地域で最も魅力的な島のひとつとして知られています。

2008年、カンボジア王室政府はザ・ロイヤル・グループに対し、共同投資家とともにこの島に5つ星ホテルとその他の高級リゾートを開発するための99年間の土地賃借権を与えました。

2016年にザ・ロイヤル・サンズ・コー・ロンの5つ星ホテル建設が開始され、2年後に完成しました。このホテルはロイヤル・グループと地域の観光グループ、アジアン・トレイルズとの共同事業で、この開発には4000万ドルが投資されました。ロイヤル・サンズ・ホテルは現在、7.2ヘクタールの私有地に148の客室を備え、タイ湾に面した400メートルのプライベートビーチに面して全面開業しています。

一般向けのハードタイトルが2017年に正式に発表され、地元住民の所有権が明確になり、観光部門を狙う国内外の投資家に土地をうまく売却できるようになりました。
2018年までに、政府はロン島の500世帯以上に属する1,000以上の土地区画を承認しています。

2017年にハードタイトルが発行される前のソフトタイトルの土地価格について、発表前の2017年初頭、香港に拠点を置く代理店からの地元メディアの報道では、島全体で1平方メートルあたり35ドルから75ドルと見積もられていました。
2017年初頭の同時期、わずか25km内陸のシアヌークビル海岸線沿いの価格は、すでに1mあたり1,000ドル近いと見積もられていいました。

2019年2月、ロン島はカンボジア政府の政令指定都市となり、ロン島とロン島サムローム島はシアヌークビル市政から事実上除外されています。2つの島は現在、公的な目的のために正式に1つの市となり、独自の土地管理局を持っています。

ロイヤル・グループによる島への大規模な投資と政府によるハード・タイトルの発行は、売り手が将来の観光利益を狙う投資家に特定のタイトルを提供できるようになったため、土地価格の高騰につながりました。

【ハードタイトル】
カンボジアの土地管理および計画事務所によって提供される所有権の証明書で、国土省と地籍局によって全国レベルで認識および認定された詳細情報も含まれたもの。

【ソフトタイトル】
カンボジアで最も一般的に発行されているカンボジアの土地所有権で、地方自治体レベル(日本でいうと市役所や区役所)のみで登録。

エキスパート・ビヨンド・リアルティ(EBR)のバスタ・ビニシ取締役のロン島の見解

2023年現在、ロン島の価格は引き続き堅調であると、2019年からソクサンビーチにある同社のロン島事務所を管理しているエキスパート・ビヨンド・リアルティ(EBR)のバスタ・ビニシ取締役は述べました。

ロン島にあるハードタイトルのビーチフロントの土地は、現在1メートルあたり300~1,000ドルで売られているといいます。

海が一望できる岩の多い海辺の土地は、1メートルあたり100~200ドル程度で売られており、一方、島の内陸部の土地は、アクセス、設備、売り手の緊急度によって、1メートルあたり20ドルから200ドルの間だとビニシ氏は言っています。

「世界的な大流行にもかかわらず、ロン島の地価は安定しています。もちろん、パンデミック期間中に緊急に売却する必要があった人々もいました。しかし、ロン島の多くの土地は同じ時期に値上がりしました。」

「世界的な大流行にもかかわらず、ロン島の地価は安定しています。もちろん、パンデミック期間中に緊急に売却する必要があった人々もいました。しかし、ロン島の多くの土地は同じ時期に値上がりしました。」

「新しいインフラ開発により、ソクサンビーチのように3~4倍の利益を上げている地域もあります。
「現在ロイヤルグループは島の1/5(島の土地の20パーセントを88年以上)を所有しています。人々の私有地は現在1000区画以上あります。

世界的な大流行にもかかわらず、ロン島の地価は安定しています。もちろん、パンデミック期間中に緊急に売却する必要があった人々もいました。しかし、ロン島の多くの土地は同じ時期に値上がりしました。
新しいインフラ開発により、ソクサンビーチのように3~4倍の利益を上げている地域もあります。

現在ロイヤルグループは島の1/5(島の土地の20パーセントを88年以上)を所有しています。人々の私有地は現在1000区画以上あります。

これらの利用可能な私有地のほとんどは、ソクサンビーチ、タッチ島ビーチ、ココナッツビーチ、パゴダビーチ、パームビーチ、プレクスバイビーチにあります。購入者は、土地・都市計画省管轄の土地局で情報を得ることができます。


外国人(中国人、欧米人)と地元の人の両方が2023年にこの地域に投資しており、ハードタイトルによるものもあれば、ロイヤルグループのような他のオーナーとのコンセッションやリースによるものもあるとビニシ氏は言います。

小さなブティックホテルでさえ、この島では十分な利益を上げることができるとビニシ氏は言い、ロン島のパゴダビーチにあるクライアントの15室のホテルの例を挙げ、2022年を通して月平均80,000ドルの収益、30,000ドルの経費、50,000ドルの利益を上げました。

今後のロン島への期待感

いくつかの要因がロン島の不動産と観光市場を牽引しており、2023年の国際観光市場は以前よりも低迷しているにもかかわらず、地価が増加している。

プノンペン・シアヌークビル高速道路は現在完全に開通しており、プノンペンからの国内観光客は、シアヌークビルやロン島へのフェリーに行くのに6時間かかるところを、わずか2時間半で行けるようになりました。

とビニシ氏は語りました。

第二に、ダラ・サコール空港が完成し、ロン島へ行くスピードボートのための桟橋が建設されました。

ビニシ氏は、ロン島の公共道路網第1期は現時点ですでに80%が完成しており、島のすべてのビーチを効果的に結ぶことになると語った。ロン島の新しい主要道路の幅は50メートルまたは30メートルで、将来にわたって環境に優しい成長を続けるために、持続可能な都市マスタープランに従っています。

今年4月、ロイヤル・グループ社の子会社であるロイヤル・グループ・コー・ロン開発社の管理・資金のもと、3億ドルの国際空港をロン島に建設することが正式に発表され、空港は2027年8月に完成予定です。

フェーズIでは1日352人、フェーズIIでは1日680人の利用が見込まれ、第1期の年間到着旅客数は137,657人、第2期は265,929人と予測されています。このような大規模な投資と計画により、ビシニは不動産と観光部門の継続的な成長を期待しています。

参考文献:https://www.khmertimeskh.com/501325702/demand-for-koh-rong-land-remains-unchanged/

一覧に戻る

記事をシェア: